香港食その187 BURGEROOMでハンバーガー&昼から飲酒@銅鑼灣・Fashion Walk食街

スポンサードリンク

2016/11/06
香港マカオ旅4日目・最終日のお昼前。
今回の香港滞在のラスト・ランチを求めて、銅鑼灣の海側の「Fashion Walk 食街」にやってきました。
HKG-2016NOV-114_R64
今風でオシャレなレストランが集まっているストリートです。
まだここで食事したことが無かったので、ここでランチにすることにします。

今回立ち寄ったお店はこちらの「BURGEROOM」
HKG-2016NOV-113_R64
その名の通り、ハンバーガーが美味しいお店なのだとか。
Openrice(香港版ぐるなび)の評価はこちら

屋外の席も気持ちよさそうですが、今回は屋内席へ。
HKG_2016NOV_325_R01
まだお昼前の時間なので、お客さんは少ないです。
お1人様トラベラーでも入店しやすい時間帯。
大事な大事なアタック・チャ~ンス(古っ)です。

店内は既にお客さんで埋まりつつありました。
HKG_2016NOV_327_R01
カウンター席を確保。

店員のおばさん 「先にレジでオーダーしてね(の英語)」
私 「OK」

お店の奥のレジにて、英語ができるお兄さん店員に発注します。
ハンバーガーとビールをオーダーしたところ・・・。

店員の兄ちゃん 「ポテト付きの『コンボ』のほうが安いぜ!(の英語)」
私 「ああ、ノー、サンキュー・・・」

莫大な量のポテトが出てきても食べきれない可能性大なので、コンボにはせず単品にしました。

お会計を済ませて席に戻ると「クローネンバーグ」 68HKD 到着。
HKG_2016NOV_331_R01
クー!
昼間から飲むビールはサイコーです。
ヤクルトのような甘い香りのするフルーティなビールです。
以前に堅尼地城のJASPASでも飲んだことがあり。
しかし、このビールが後で災いをもたらすことになるとは、この時は知る由もなく・・・。

そして出来立てホカホカのクラッシック・バーガー70HKD登場。
HKG_2016NOV_338_R01
半分にカットされてきました。
予想通り、かなりのボリュウムです。
身体の大きな西洋人のお客さんを想定しているものと思われます。

断面図。
HKG_2016NOV_341_R01
超~肉厚なハンバーグにお野菜もたっぷりです。
このハンバーガー、今まで食べた香港のハンバーガーの中でもトップクラスの美味しさ。
パンはホクホクで、しっかりとしたバター風味があります。
他のお店だと、お肉が美味しくてもパンがイマイチな場合が多いだけに、これはポイント高いです。
お肉も柔らかくてジューシー。
サウザンド・ドレッシングのようなコクのあるソースとよく合います。

しばらくすると、徐々にお客さんが増えてきました。
HKG_2016NOV_344_R01
外のテラス席には、お犬様を連れたブルジョワなファミリーが登場。

かなりボリュウミーなハンバーガーでしたが、ポテトを注文しなかったお陰で何とか完食できました。

通りを行き交う人々と見ながら、美味しいビールとハンバーガーを堪能でき、極上のランチとなりました。

このお店の場所や口コミはこちら(TripAdvisor)
Burgeroom (銅鑼灣)

お店の公式ホームページ(英語)はこちら
Bugeroom公式

***

香港最後のランチを終えた後は、いよいよ帰国すべく香港空港へ向かう時。
HKG-2016NOV-123_R64
最寄りのバス停「京士頓街/告士打道」から、空港に向かうA11バスが来るのを待ちます。

スマホアプリ「Citybus NWFB」でA11バスの到着時刻を調査。
image
現在時刻12:13に対して、12:17にやってくるはず。
お店にいる時からチェックしていましたので、計算通りの時間にバス停に到着。

そして間もなく、時刻通りに空港行きのA11バスがやってきました。
HKG-2016NOV-128_R64
アプリのお陰で、バスの待ち時間を最小限にできました。
うーん、便利な時代になったものだ。
空港までは40HKD先払い。
オクトパスカード(香港的SUICA)でピッとやって乗車します。
エアポートエクスプレス(100HKD)よりもお安く、乗り換えなしで空港に直接連れて行ってくれるという夢の乗り物。

しかし、バスの車内にてプチ非常事態が発生。
HKG_2016NOV_347_R01
トイレ(小)に行きたい・・・(汗)。
しかしバスの車内にトイレはありません。
お昼に頂いたクローネンバーグの水分が、急速に膀胱タンクに注入されつつある模様。
エエ~、お店を出る前にトイレに行ったのに、なんで・・・。
空港まであと20分ぐらいだけど、耐えられるかどうか微妙な情勢。

途中のバス停・ランタオ島の「青馬收費廣場」バス停に停車。
HKG_2016NOV_348_R01
降りようかどうしようか。
でもここで降りると、またバス代がかかるし、時間をロスしてラウンジ滞在時間が短くなってしまう・・・。

ここは気合で我慢して、乗車を継続(キリッ)。
HKG-2016NOV-148_R64
は、はやく~、空港に着いてくで~。
クネクネと身をよじらせながら、脂汗をかきつつ精神を集中。
日本人の誇りにかけて、「粗相」だけは何としても避けねばなりません。

そして空港到着!
HKG-2016NOV-149_R64
猛ダッシュでトイレに駆け込みます =3
ま、間に合った・・・。ふぅ
あと5分遅かったらアウトやったで・・・。

今回の教訓:
空港バスに乗る直前の水分の大量摂取は控えましょう。

というわけで、次回は香港最後のお楽しみ・キャセイラウンジ体験記の編。