ドイツ旅2017/05 ハム系が充実。ホテルシュタットパライスの朝食バイキングの編

スポンサードリンク

2017/05/05
一夜明けて、香港・ポルトガル経由ドイツ旅2日目の朝がやってきました。
朝8時ごろ、身なりを整えてケルン・メッセの宿泊ホテル「ホテル・シュタットパライス (TripAdvisor) 」1Fの朝食バイキング会場へ。

「Library」という名の朝食会場。
Koln201705-007-R
その名の通り、まるで図書館のようなお食事処です。
お客さんは少なく、ビジネスマンがちらほらと見える程度。
場内はしーんと静まり返っていました。
朝食提供時間は6:00から10:30までとのこと。

まずはジュースを獲得。
Koln201705-008-R
自分の席に置いて、テーブルをキープします。
お客さんが少ないので、そこまで警戒しなくてもよいですが。

ではではお楽しみのバイキング・コーナーへ。
Koln201705-021-R
メニューの種類は多く、色々あります。

牛乳を発見。
Koln201705-017-R
「Whole Milk」って何?
たぶん脱脂粉乳ではない通常の牛乳のことだと思われる。

この牛乳は、そのまま飲む用というよりは・・・。
Koln201705-020-R
こちらのコーンフレークを食べる用に用意されているものと思われます。
でも、そのまま牛乳単品として頂きます。

特筆すべきは、肉製品の種類の多さです。
Koln201705-015-R
ソーセージ類も色々あり、サーモンのローストもあり。
一品一品に対して丁寧に英語とドイツ語の説明書きがありますが、そもそも語彙がないので意味がよく分からない・・・。

こちらはハムコーナー。
Koln201705-016-R
このプレートには6種類もの肉製品が。
左から順に・・・

  • “Coppa di Parma” (Ham of pork’s nape)
  • Chorizo Salami
  • Landsalami
  • Pfeffersalami (Peppered salami)
  • Felino Salami
  • Roast beef

そもそもサラミとチョリソーとソーセージの違いすらよく分かっておりませんので、ビジュアル的に美味しそうなものを選ぶことにします。

パンコーナー。
Koln201705-023-R
こちらも色々な種類があります。
ご飯はありませんので悪しからず。

ホットミールも種類が色々。
Koln201705-012-R
蓋を開けるときのワクワク感がたまりません。

スクランブルエッグ的なものとポテト類だっけか。
Koln201705-024-R
スクランブルエッグはややドライ系。
ドイツの焼きポテト類は、日本だと「ジャーマンポテト」と言われたりするものですが、ドイツでは普通にポテト(かるとっふぇるん)。

焼きソーセージに、お馴染みのカリカリベーコン。
Koln201705-025-R
欧米の朝ごはんには欠かせません。

サラダ類。
Koln201705-013-R
トマト、ニンジン、キュウリなどで葉っぱ系はなし。
サラダ系はやや種類が少なめでした。

というわけで、少しずつ一通りゲット。
Koln201705-026-R
特にハム、チーズ、パン類が美味しいです。
キュウリなどの野菜類はまあまあ。
種類が色々あるので、何度もお代わりしてしまいました。
うー、お腹いっぱい。

フルーツコーナー。
Koln201705-019-R
スイカ、キウイ、パイナップルなどなど、こちらも種類が豊富です。

ヨーグルトやフルーツポンチもあり。
Koln201705-028-R
デザートは別腹でついつい食べ過ぎてしまいます。

各種フルーツを1つずつ獲得。
Koln201705-029-R
ブドウが甘くて美味しかった・・・。
その他は普通。
柑橘類は一番最初に食べないと、酸っぱく感じてしまうのでご注意。

会場内には、ライン川にかかるホーエンツォレルン橋のシブい絵画があり。Koln201705-031-R
充実の朝食バイキングを1時間ぐらいかけてじっくりと堪能。
メニューが豊富で満足の朝ごはんとなりました。
朝食の後は自室に戻り、テレビを見ながらダラダラするという堕落した時間を過ごします。
次回はケルンの旧市街にお出かけの編。

宿泊ホテルの詳細はこちら。
Hotel Stadtpalais (TripAdvisor)
ホテル シュタットパライス (Expedia)