ドイツ食その82 Wiener Feinbäckerで地元系パンの朝食@ケルン・メッセ・ドイツ駅構内

スポンサードリンク

2017/05/06
香港ポルトガル経由ドイツ旅7日目の朝がやってきました。
朝7:00ごろ、ケルン・メッセ近くの滞在ホテル「ホテル シュタットパライス (Expedia)」にて起床。

テレビを点けてみると・・・。
Ger201705-003-R
ドイツ版「おはよう日本」的な番組を放映中。

ついに今日はドイツ滞在最終日。

本日デュッセルドルフ13:30発のキャセイCX376便で香港に戻らねばなりません。
最終日の朝は、ケルン・メッセ・ドイツ駅付近のどこかのお店で朝ごはんにしよう。

では身なりを整えて、朝食を求めて外出。
Ger201705-006-R
おお~今日はいい天気。
ずっと今までのドイツは曇りや雨ばかりでしたが、最終日になってようやく快晴に恵まれました。
空が青く澄んでいてキレイです。

ドイツでよく見かけるドネルケバブのお店を発見。
Ger201705-011-R
でも朝っぱらから肉肉しいものはちょっと控えたい。

「寿司ハウス」発見。
Ger201705-012-R
ドイツの大都市なら、かならず1軒は見つかる日本語の寿司屋。
まだ営業が始まっていないようです。

快晴のケルン・メッセ・ドイツ駅にやってきました。
Ger201705-016-R
たしか駅構内に少しだけお店があったはず。
中に入ってみます。

マクドナルドがありました。
Ger201705-017-R
うーん、せっかくドイツまで来てマックは避けたい・・・。

なにやらほのぼのとしたお店・・・?
Ger201705-023-R
イヤイヤ奥さん、これは駅のトイレですよ。

おっ!
Ger201705-019-R
ようやくイメージしていた駅ナカのパン屋的なお店を発見。
「Wiener Feinbäcker」というお店らしい。

お店の看板の「W」の文字の上には・・・。
image
鳥が巣を作らないようにトゲトゲがありました(笑)。

ショウウインドウには・・・。
bread
美味しそうなパンやブレッツェル、サンドイッチが並んでいました。
ドイツ駅ナカパンマニヤにはたまりません。

店員さんの女性に注文するときに、また「コーヒー」が通じず。
後でネットで調べたところでは、ドイツ語だと「コーヒー」ではなくて「かふぃー」なんですね。

こちらが購入した品物。
Ger201705-022-R
甘いキャラメル風味のココナッツでコーティングされたU字型の菓子パンです。
冷えていて表面がベトベトするものの、これがほどよい甘さで美味しかった。
映画館のキャラメル味のポップコーンのような香りがして、コーヒーとよく合いました。
お値段は3.2ユーロぐらいでした。

当時残したスマホのメモによると「Nusshomohen」という名前のパンだったようですが、Googleで検索してもヒットしません。
「Nuss」がナッツの意味なので、その後のスペルが間違っているのでしょうね・・・。
「ヌスシュネッケ(Nussschnecke)」に似た感じではありますが、カタツムリのような形じゃなかったです。
今となっては何という名前のパンだったのかは謎のまま・・・。

ドイツの駅パンの朝ごはんの後は・・・。
Ger201705-024-R
青空の下、駅の近所をウロウロ。

昔ながらの酒場を発見。
Ger201705-025-R
NHKのBS放送「世界入りにくい居酒屋・ケルン」で紹介されたお店です。
朝なのでまだ営業していません。
伝説の「電話帳カツレツ」を頂きに、いつかは訪問してみたいです。
場所はこちら

しばらくウロウロした後は、滞在ホテルに戻り・・・。
Ger201705-034-R
ホテルの朝食ビュッフェでハムとキュウリとフルーツ類を軽く頂きました。
近所で朝食後、ホテルのビュッフェで食べなおすという贅沢なひと時。
この後は自分の部屋に戻り、ダラダラしながら香港への出発に向けて荷造りを始めるのでした。

宿泊ホテルの詳細はこちら。
Hotel Stadtpalais (TripAdvisor)
ホテル シュタットパライス (Expedia)