香港マカオ2018/03 シティ・オブ・ドリームズ・カウントダウンホテルの朝食バイキングの編

スポンサードリンク

2018/03/22
一夜明けて、香港マカオ旅2日目の朝がやってきました。
マカオの滞在ホテル「City of Dreams ザ・カウントダウン」にて朝6時半ごろ起床。
MCU2018MARG380R
今朝の天気は曇り。
朝早起きして優雅に朝食を頂くのが、今回のホテル滞在のお楽しみの一つなのであります。

早速身なりを整えて、1階の朝食バイキング会場へ。
MCU2018MARG014R
吹き抜けになっていて、開放的かつラグジュアリーなレストランです。
素晴らしい。
木曜日の朝早い時間だからか、お客さんは殆んどおらず、ほぼ貸し切り状態。
やっぱり、ホテル造りすぎなのでは?と思ってしまいます。

お客さんのみならず、ホテルのスタッフもいません。
勝手に食べてもいいのかな。
(・_・ ) ( ・_・)

さすがにそれはまずかろう、ということで、フロントのスタッフに声をかけると、レストランのスタッフが登場。

部屋番号を確認後・・・

スタッフ「フォートゥー?」

と質問されました。

私「フォートゥー(42)?」

なんだろう?と思ったら「(Table) For Two ?」、つまり「2名様ですか?」という質問だったようです。
1名です、ということで、お食事に近いテーブルに案内していただきました。

サラダバーはかなり充実。
MCU2018MARG007R
普段不足しがちな食物繊維やビタミンを思う存分頂くことができる幸せ。

各食材には・・・。
MCU2018MARG009R
こんなように中国語と英語で食材の名前が付されているのが地味に有難いです。
辛い料理だと思って食べてみて、甘いものだったりすると、メンタル的にダメージを受けるので。

ドレッシングもあり
MCU2018MARG008R
サウザンアイランド・ドレッシングは「千島汁」でした。
直訳感がたまりません。
台湾では「千島醤」でしたが、香港・マカオ・中国本土では「千島汁」であることが多いです。
だからどうということはない。

サラダ類も各種あり。
MCU2018MARG005R
いつもお肉などの高級食材を根こそぎ持って行ってしまう、かの国の皆様もいらっしゃらず、のんびりとお食事を選ぶことができました。

まずは野菜類から。
MCU2018MARG012R
「千島汁」と共に、朝から虫のように葉っぱ類をモリモリといただきます。
やや乾燥気味でしたが普通に美味しゅうございました。

ホットミール区画へ。
MCU2018MARG010R
手つかずのお料理を一番最初に頂けるという幸せ。

定番のチャーハンあり。
MCU2018MARG011R
説明書きによると「鹹魚鶏粒炒飯」。
干し魚と鶏肉入りチャーハン。
変わった組み合わせの具材。

點心類もあるものの・・・。
MCU2018MARG019R
種類が少なく、あまりグッと来なかった。

ベーコンやハッシュポテトなど。
MCU2018MARG015R
元々は「ハードロック・ホテル」だったこともあり、アングロサクソン系の朝食メニューも充実しています。

パンコーナーもあり。
MCU2018MARG016R
クロワッサンなど色々なパンがありました。
パン食派の方々も安心です。

色々なお料理を少しずつ頂きまーす。
MCU2018MARG013R
普通に美味しいです。
一皿目は炭水化物が多めだった。

タンパク質を補充すべく、コック様に目玉焼きを作って頂きました。
MCU2018MARG020R
高級ホテルならではですね。

続いてアングロサクソン系を頂きます。
MCU2018MARG021R
ベーコンが美味しかったです。
ハムは変な香りがしてイマイチだった。

サッパリ系を求めてお粥コーナーへ。
MCU2018MARG022R
お粥は3種類ほどありました。

お粥の薬味類はセルフでご自由にどうぞ。
MCU2018MARG023R
日本人なら刻みネギを入れるよね(偏見)。

ピーナッツ入りのお粥+刻みネギを獲得。
MCU2018MARG026R
このお粥が地味に美味しかったです。
広東地方のお粥は、日本よりもレベルが高いです。

デザートは別腹。
MCU2018MARG017R
おっ。
マカオ名物のエッグタルト(蛋達=だーんたっ!)を発見。
これは頂かなければ。

フルーツ類もそこそこ充実。
MCU2018MARG006R
オレンジの皮が剥かれていて、食べやすいのがウレシイです。

ではエッグタルトとフルーツの部を開始。
MCU2018MARG024R
フルーツ類はどれも普通でした。
可もなく不可もなく。

エッグタルトが美味しかったので、お替わり。
MCU2018MARG027R
朝早起きして、朝ごはんをいっぱい食べて。
コーヒーを飲みながらスマホでニュースを見て、ゆっくりダラダラするという幸せ。
充実の朝ごはんとなりました。

というわけで、マカオのシティ・オブ・ドリーム内併設ホテル「ザ・カウントダウン」の朝食バイキングレポートでした。
お料理の見た目は豪華に見えるものの、お味のクオリティは普通、というのが率直な感想です。

朝ご飯の後は、ホテルのフロントロビーのカウントダウン表示をチェック。
MCU2018MARG028R
昨日のチェックイン時に「あと1987時間」だった表示は「あと1971時間」になっていました。
順調にカウントダウンを続けているようです。

次回はホテルの自室でダラダラして近場に遠足の編

■ 宿泊ホテルの詳細はこちら。
TripAdvisor
マカオ ハードロックホテル The Countdown

楽天トラベル
City of Dreams (The Countdown Hotel)(ザ カウントダウン ホテル(新濠天地-迎尚酒店))