ハンガリー旅2018/GW セブンシーズンズ・アパートメンツ・ブダペストに宿泊するの編

スポンサードリンク

2018/04/29
香港ドイツ経由・ハンガリー旅初日の午後。

ブダペスト空港から、100EバスとメトロM3を乗り継いで、ホテルの最寄り駅「デアーク広場駅(Deák Ferenc tér)」にやってきました。
HNG2018APLX317R
ドナウ川の東側(ペスト側)に位置する、ブダペストの中心地です。
路面電車やバスが元気に走り回ってイイ!
(*゚∀゚)=3

早速ウロウロしたいのは、やまやまですが・・・。
HNG2018APLX333R
はやる気持ちを抑えて、まずはキラーイ通り沿いにあるホテルへ向かいます。
まずは寝床を確保せねば。

デアーク・フェレンク・テレ駅から徒歩3分ほどのところに・・・。
HNG2018APLX335R
CENTRAL PASSAGEなる、ミニなショッピングセンターがあり。
今回の滞在先は、この中にあります。
駅から近くて、ロケーションは抜群。

こちらがフロント。
HNG2018APLX337R
パスポートを提示して、チェックインします。

今回の宿は「セブンシーズンズ・アパートメンツ・ブダペスト」。
建物はホテルではなくて「貸しアパート」です。
それでいて、ホテルのようなフロントがあり、朝食を提供するレストランも併設されているという変わった業態でした。

フロントのお兄さんは非常に親切な方で、部屋の使い方等を丁寧に説明してくれました。
最初は英語が早すぎて聞き取れず・・・。
ポカーンとしていると、ゆっくりな英語で話をしてくれました。

では、フロントのお兄さんと一緒に、お部屋へ。
BUD2019GWA029R
フロントと対面の建物の入口へと案内されました。

入口から入ると・・・。
BUD2019GWA026R
郵便受けとエレベータがあり。
生活感が漂うマンションって感じです。
おそらくは、元々はマンションだったところを、旅行者向けの宿として改装したのでしょう。

いくつか棟があり、構造が複雑・・・。
最初は案内してもらわないと、自室に辿り着けません。

薄暗い廊下を案内してもらって、自室へ。
HNG2018APLX340R
おお~広い。
Wi-Fiのつなぎ方などを教えてもらったりした後、お兄さんはフロントへと戻っていきました。

今回はエクスペディアで「アパートメント・1ベッドルーム」を予約。

お部屋は、

  • 寝室
  • リビング・ダイニング・キッチン

の2つの空間に分かれていて、さらにトイレと浴室があります。
日本でいうところの「1LDK」。

広さは50平米もありながら、1泊平均125ユーロでした。
メチャ広々としていて良かったです。
ファミリー向けのお部屋だと、ベッドルームが2~3部屋もあるお部屋もあるようです。

まずは寝室へ。
HNG2018APLX342R
6畳ぐらいの「寝る専用」のお部屋。
ベッドのみでテレビはありません。
家具類はやや古さを感じるものの、キレイで十分に快適です。
ベッドの縁に何度も足をぶつけて痛かった・・・。

アパートメント・スタイルではありますが、毎日ルームメイキングはやってくれます。

入口の左のドアを抜けると・・・。
HNG2018APLX341R
リビングダイニングキッチンへ。

こちらは18畳ぐらいありそうな、かなり広い空間。
HNG2018APLX346R
ダイニングテーブルとテレビがあり。
テレビは「ALBA」という、聞いたことのないメーカーのものでした。

アパートメントなので・・・。
HNG2018APLX357R
大型の冷蔵庫や電子レンジやキッチンも完備しており、自炊も可能です。
ただ当方は外食派なので、一度も使わずでしたが・・・。

同じ部屋にソファーもあり。
HNG2018APLX347R
ここでも寝れます。
主に、このソファーに寝転がってダラダラする時間が多かったです。

ダイニングテーブルには、無料のお水もあり。
HNG2018APLX362R
ピンク色のフタの水=炭酸が入っていない普通のお水でした。
無くなっても補充はされませんでしたが、あるだけでも助かります。

お菓子もあるけど、どこまでが無料なのか分からん。
さっきのお兄さんに聞いておけば良かった。

バルコニーもあり。
HNG2018APLX351R
お向かいさんの視線が気になりますが。
昼間はウロウロする派なので、眺望にはこだわりませんでした。

トイレは浴室とは別室。
HNG2018APLX358R
掃除道具があったりして、生活感がありあり。

お隣の浴室へ。
HNG2018APLX360R
湯舟もあって、ポイント高いです。
お湯の出具合も全く問題ありませんでした。

同じ浴室内には・・・。
HNG2018APLX359R
なんとドラム型の洗濯機もあり。
使い方がよく分からなかったけど・・・。

唯一、残念だったのは空調設備。
HNG2018APLX368R
「送風」しか使えませんでした。
フロントのお兄さんによると「クーラー」が使えるのは6月以降とのこと。

工工エエエ(´Д`;)エエエ工工

昼間、日が差し込んで来ると結構暑いんですけど。
窓を開けて、外の涼しい空気を取り込んでなんとか凌ぎました。

朝晩は、涼しいバルコニーに出てPCを使うこともあり。
暑くて寝れないほどではなかったので、まあ良かったですが。

壁には、お部屋のルールの掲示もあり。
HNG2018APLX365R
英語ですが、一通り目を通しておきましょう。

  • 室内でタバコは絶対禁止。吸ったら150ユーロの罰金。
  • 貴重品は金庫へ。それ以外は責任とらん
  • 部屋を出るときは施錠をお忘れなく
  • うるさくしちゃダメ。特に夜10時から朝7時は静かに。

など、普通のことが書かれています。
迷惑行為は慎みましょう。

というわけで・・・。
HNG2018APLX349R
ホテル風サービス付きアパートメント「7シーズンズ・アパートメンツ・ブダペスト」のお部屋紹介でした。
クーラーが使えなかったこと以外は、広々としたお部屋で十分快適でした。

ホテルの場所はこちら。

周りには飲食店などが建ち並び、人通りが多く雑然としていますが、道路に面した部屋ではなかったので許容範囲内。
スーパーも近くにあるものの、24時間営業ではありません。
ブダペスト名物の「セーチェニ鎖橋」や「廃墟バー」へも徒歩で行けます(後日レポート予定)。
交通の要の地下鉄駅やバス停やトラム乗り場に近く、どこへ行くにも便利な場所にあります。

ホテルの詳細はこちら
7 シーズンズ アパートメンツ ホテル ブダペスト(TripAdvisor)

時差の関係で、なかなか終わらないハンガリー旅2日目は、まだまだ続く。