フィンランド旅2019/GW 特急列車ペンドリーノでヘルシンキからタンペレへ移動の編

スポンサードリンク

2019/05/02
フィンランド旅4日目の午後。
ヘルシンキから、フィンランド第2の都市タンペレへ向かう時がやってきました。

タンペレへは・・・。
FIN2019GWG139R
フィンランド鉄道(VR)に乗っていきます。

今回搭乗したのは、
vrapp
ヘルシンキ13:24発のペンドリーノS145。
タンペレまでの所要時間はおよそ1時間半。
運賃は21ユーロ(Basic Ticket, Eco class)でした。

「ペンドリーノ」はフィンランド鉄道の看板列車的な特急列車。
全席指定席なので、事前に座席予約が必要です。

チケットは、フィンランド鉄道の公式スマホアプリ「VR」で買えました。
VR (公式サイト / Android版 / iPhone版

クレジットカードで代金を支払うと・・・。
vrticket
こんなようなQRコードのモバイルチケットをゲットできます。
JAL VISAカードで買えました。
これさえあれば、紙チケットは不要。
QRコードの印刷も不要です。

日本の鉄道のような自動改札はないので、そのまま電車に乗り、指定された座席に座ります。
(「Car」と「Seat」が、車両と座席番号)

出発後、検札に来る係員氏にこのQRコードを表示したスマホ画面を見せれはOKです。
係員氏は、ハンディQRコード読み取り機みたいなのでピッとやって検札終了。
メチャ画期的!

駅の窓口に並んでチケットを買わなくても良いので、旅行者にとっても非常に便利です。
(逆に、スマホアプリに慣れてない方にとっては、とっつきにくいかもしれませんが)

驚いたのは、同じ車両に乗っていた他のお客さんも、皆さんスマホ画面を係員に見せていたところ。
フィンランドでは、もう紙のチケットは時代遅れになりつつあるんですね・・・。

というわけで、車内へ。
FIN2019GWG143R
エコノミーの座席は2-2。
初めてのフィンランド鉄道にワクワクワクワク↑↑↑↑

緑色のシートはキレイで快適。
FIN2019GWG144R
ヘッドレスト、フットレストも完備しています。
シートテーブルもあるので、ノートPCも展開可能。

エコノミーでも、壁際に電源コンセントあり。
FIN2019GWG146R
欧州のCプラグですが、変換アダプタなどを駆使すれば充電できて便利です。
通路側席だと遠いので、コンセントを使いたい場合は窓側席がオススメ。

車両の端っこには・・・。
FIN2019GWG148R
スーツケース置き場もあり。
そんなに広くはないですが。

6両編成らしい。
FIN2019GWG149R
車内を端から端まで探索して、骨の髄までしゃぶり尽くしましょう。
指定席なので、席を空けても他のお客さんに奪われることはありません。
理論上は。

そしてお楽しみは・・・。
FIN2019GWG163R
食 堂 車! (*゚∀゚)=3

では早速注文を・・・。
FIN2019GWG155R
あれ?
まだやってない・・・。

なぜなら、まだ出発していないから(笑)。
焦ってはいけません。

次回は、出発後に食堂車にてお食事の編。