台湾食その2 阿霞飯店にてカニおこわ@台南・天壇天公廟近く

スポンサードリンク

2017/12/27
台南・高雄旅初日の夜。
晩御飯を頂きにやってきたのは、台南の天壇天公廟近くにあるのこちらのお店。

「阿霞飯店」
HND-2018NY-533R
地球の歩き方にも掲載されている有名なお店です。
台南初心者ですので、まずは基本に忠実に定番どころを攻めることにしました。

訪れたのは、夜の7時頃。
店内はお客さんで一杯のようでした。
お1人様トラベラーにとっては、かなり不利なシチュエーションです。

男性店員「ゆーでぃんま?(予約してますか?)」
私「ノー・リザベーション・・・(予約してないです)」

カタコト英語で、ニホンジンであることをアピールします。

男性店員「コチラニ名前ヲ書イテ、オマチクダサイ」
私「!」

おおなんと、店員さん日本語話せますか!

ここ台南に限らず、台湾では観光客が沢山くるお店だと、日本語を話せる店員さんがいることが多かったです。
香港だと日本語を話してくる店員は、かなりレアなのでビックリしてしまいました。
やはり香港よりも台湾のほうがかなり日本に近い感じがしますね・・・

メニューをもらい、お店の入口の椅子に座って順番を待つことに。
HND-2018NY-557R
入口近くの壁には、著名人?が来店したときの写真が沢山飾ってありました。
きっと有名なお店なのでしょう。

10分ほど待っていると・・・
HND-2018NY-565R
店内に案内して頂けました。ヤッター。
お一人様の飛び込み客でも、邪険に扱われることはありませんでした。
有難き幸せ(涙)。

巨大なカニの近くの2人席になりました。
HND-2018NY-564R
カニの背後からは厨房をのぞき見することができます。

メニューの一部(クリックで拡大予定)
HND-2018NY-561R
中国語、日本語、英語の三か国語表記。
日本語表記のクオリティが高くて分かりやすいです。

左の写真が名物の蟹おこわ(紅蟳米糕)で必食。
小600NTD/大1200NTD。
お一人様なので小で十分です。

一人用セットメニュー(単人套餐)もありました(クリックで拡大)
HND-2018NY-558R
カラスミ、前菜3種、スープ、蟹おこわ、フルーツ、杏仁豆腐のコース料理のようです。
お値段は失念・・・。
そんなに腹ペコじゃなかったのと、量が多そうだったので、単品で注文することにしました。

店員さん「荷物はこちらにどーぞ」
店員さん「コースにしますか?単品にしますか?」
店員さん「蟹おこわは、20分ぐらいかかります」
店員さん「単品は量が多いですよ」

完璧な日本語を話す台湾人のオバさん店員がいました。
すげえ・・・。
おかげで、カタコト中国語で押し問答する手間が省けたものの、これだとあまり海外に来た感がありません・・・。

まずは台湾ビールで乾杯~♪
HND-2018NY-563R
サッパリ系。
朝早くから成田から台南までやってきた労をねぎらいます。

基本に忠実に「蟹おこわ(紅蟳米糕)小 600 NTD」
HND-2018NY-569R
もっちりおこわに蟹の旨味がよく染みていて美味。
蟹ミソをご飯と混ぜて食べると幸せな気分になれます。
これは日本人も大好きな味ですね。
ビールにもよく合います。

蟹の身の部分をホジホジして頂くこともできます。
HND-2018NY-572R
足の付け根の部分に身がいっぱいついていましたが、殻が多くて食べるのがメンドウです。
日本のズワイガニのようなジューシーさはなく、やや淡白な味。
そもそも日本のカニのレベルが高すぎるわけです。

殻が非常に固いので・・・。
HND-2018NY-571R
こんなようなツール類も配布されます。
それでも、かなり手が汚れますので覚悟しましょう。

こんなような「お酢」もあり。
HND-2018NY-570R
カニの身をこちらにつけて頂くと、より一層美味しいです。
夢中でカニの身をホジホジして頂きました。

デザートでプリンを発注。
HND-2018NY-573R
こちらはまあまあのお味。

さらに・・・。
HND-2018NY-574R
店員のオバさん「サービスの温かいデザートですヨー」
ありゃ。
お汁粉のような温かいデザートが無料でついてきました 。
底にアンコが沈んでいます。
デザートが2品になってしもうたけど、まあヨシとします。

以上でお会計して、合計は787HKD (3000円ぐらい)。
台南名物のカニおこわを満喫できて、思い出に残るディナーとなりました。

お店の場所はこちら。

お店の詳細はこちら(TripAdvisor)
阿霞飯店(錦霞樓)

基本に忠実に夕ご飯を済ませた後は・・・。
HND-2018NY-607R
台南の街中をウロウロしながら、滞在ホテルのシャングリラホテルへと戻っていきます。

「スターウォーズ・最後のジェダイ」の看板を発見。
HND-2018NY-609R
台湾でも絶賛興行中の様子。

「最後のジェダイ」は・・・・。
image
「最後的絶地武士」と書くのだそうな。
「絶地(じゅえでぃー)」と書いて「ジェダイ」。

くどい看板の眼鏡店を発見。
HND-2018NY-613R
極彩色の色使いが、いかにも中華系な感じです。

台南駅南側の線路の下をくぐって・・・。
HND-2018NY-616R
シャングリラホテルのある台南駅の東側へと渡ります。
駅の東側は「成功大学」が広がっていて、夜はあまり賑やかではありません。

そして21:45頃。
HND-2018NY-623R
滞在ホテルのシャングリラホテルに無事に帰還いたしました。

この後は、ホテル7Fのサウナに入ってサッパリ。
HND-2018NY-629R
タオルとロッカーも使えました。

サウナでたっぷり汗をかいた後は・・・。
HND-2018NY-627R
ジムの受付で購入したコーラ(44NTD)を飲みながら、涼しい夜のプールサイドでダラダラ最高。
台南の夜が更けていくのでした。

次回はホテルの朝食の編。

滞在ホテルの詳細はこちら
シャングリ・ラファーイースタンプラザホテル台南(香格里拉台南遠東國際大飯店)(楽天トラベル)
シャングリ ラ ファーイースタンプラザホテル 台南 (TripAdvisor)